1. HOME
  2. ブログ
  3. バイブルエッセイ

刊行物

BLOG

バイブルエッセイ

主が共に

「『見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。』この名は、『神は我々と共におられる』という意味である。」 (マタイによる...

バイブルエッセイ

使命に生きる

「そして、彼らに言われた。『収穫は多いが、働き手が少ない。だから、収穫のために働き手を送ってくださるように、収穫の主に願いなさい。行きなさい。わたし...

バイブルエッセイ

笛を吹いたのに

「今の時代を何にたとえたらよいか。広場に座って、ほかの者にこう呼びかけている子供たちに似ている。/『笛を吹いたのに、/踊ってくれなかった。/葬式の歌...

バイブルエッセイ

「勇気を出しなさい」

「ところが、逆風のために弟子たちが漕ぎ悩んでいるのを見て、夜が明けるころ、湖の上を歩いて弟子たちのところに行き、そばを通り過ぎようとされた。弟子たち...

バイブルエッセイ

わたしは、主が霊を授けて、主の民すべてが預言者になればよいと切望しているのだ。」  (民数記11・29) 私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵...

バイブルエッセイ

揺らぎつつ信じる信仰

マタイ福音書巻末の宣教命令へと続く段落の中で、《主イエスに会い、ひれ伏した。しかし、疑う者もいた》と書かれている事に、昔から興味をひかれて来ました。...

バイブルエッセイ

幸いを実感できるか?

「心の貧しい人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。」(マタイによる福音書5・3) 待降節になり、クリスマスのシーズンになりました。周囲...

バイブルエッセイ

にもかかわらず

「これは、罪が赦されるように、多くの人のために流されるわたしの血、契約の血である。」 (マタイによる福音書26・28) 全聖徒の日を意識して本寄稿の...

バイブルエッセイ

お支え

「神はお造りになったすべてのものを御覧になった。見よ、それは極めて良かった。夕べがあり、朝があった。第六の日である。」(創世記1・31) 宇多田ヒカ...

バイブルエッセイ